新発田

【転入者目線!】新発田市の良いところ、残念なところ。住みやすいまちです!

新発田市に移り住んでから3年が経ちました。

今なお、新たな発見を楽しみながら充実した日々を過ごしています。

新発田市に住みはじめてから、いろいろと感じるものがありました。

新発田ってどんなところ?

そう思っている方々に向けて、新発田の良いところ・残念なところを、転入者目線でお伝えしたいと思います

【良いところ①】まちがコンパクトで自然豊か

新発田市自体は広いのですが、新発田市街はとてもコンパクトです。

車なら30分もあれば1周できます。

それだけコンパクトなので、買い物が便利です。

お店からお店までの距離が近いので、食材や日用品の買い物がラクに済みます。

また、市街から少し車を走らすと、山や川、海などの自然が広がっています

そのため、おいしいお米や青果などの名産品が多いです。

季節のレジャーも楽しめます!

【良いところ②】おいしいお店が多い!

寿司

新発田市には、グルメ通をうならすクオリティの高いお店がたくさんあります。

当ブログで紹介したお店以外にも人気のお店は多数!

ミシュランガイドに掲載されているお店もあります。

私のメモ帳には行ってみたいお店リストがずらりと並んでいます。

また、城下町なので和菓子屋さんが多いこと、商店街には古き良き喫茶店が多いことも特徴です。

【良いところ③】新潟市まで30分!アクセス抜群!

バイパス

新発田市から日本海側・最大都市の新潟市までは約30km。

その距離なら30分は無理だよ!

普通はそう思うでしょう。

しかし、本当に30分で行けるんです。

なぜなら信号が一つもない「新新バイパス」があるからです。

このバイパス、ほぼ高速道路です。笑

新発田ICから新潟市中央区の紫竹山ICまでであれば20分で行けます。

そのため休みの日になれば、気軽にショッピングや遊びに行くことができます

電車も新発田駅からであれば特急があるので、通勤や通学にも便利です。

新発田市の土地単価は高くても新潟市中心部の2/3以下!

【良いところ④】混雑や渋滞が少ない

私は新潟市出身なので、出かけるとなるとお店での混雑、交通渋滞は日常茶飯事でした。

この時間は本当にもったいないです。

「時は金なり」をモットーに生きている私にとって、苦痛以外何ものでもありません。

新発田市は人口10万人もいないので、週末の外食で1時間も待つことなどほとんどないですし、まったく進まないような交通渋滞もありません。

【良いところ⑤】生活で困ることはない

子育て

新発田市はそこそこの規模なので、数多くのスーパーやドラッグストアに、ホームセンター、加えてショッピングモール「イオン」までもあります

幹線道路沿いを中心に次々と大型店舗が並び、2020年にはドン・キホーテも進出しました。

また、病院もたくさんありますし、産科もあります

産科があることは子育てしやすいまちとして重要!

少なくともこれまでに生活していて不便に思ったことは一度もないです。

【残念なところ①】商店街が・・・

新発田駅からまっすぐ進むと商店街があります。

しかし、シャッターが閉まっているお店が多数・・・

昔から新発田に住んでいる人に聞くと、かつては盛えていたそう。

時がたって今の状況になってしまったようです。

昔ながらの良さを残しつつ、上手にまちおこしできないでしょうか?

「言うは易く行うは難し」。それはわかっています。

しかし、あのエリアが変わると新発田市はもっと魅力ある、そして活気あふれるまちになるだろうに・・・と通るたびに思います。

【残念なところ②】遊ぶところが少ない

ショッピングモール

子どもたちはそう思っているのではないでしょうか?

「遊び・ショッピングをしにイオンに行く」のパターンが多いと思います。

他にもあるのかもしれませんが、もう少し楽しめるところがあってもいいのかな?と感じます。

アパレルが多数入った複合施設や映画館があるといいなあ、と個人的に思っています。

間違いなく住みやすいまち!

以上が新発田市に住んでみて感じた良いところ・残念なところでした。

総じて新発田市は住みやすく、魅力あるまちです。

しかし、人口は若干ではありますが減少傾向・・・

もっと新発田の魅力をアピールして、盛り上がるように微力ながら活動していきたいと思います!

清水園
おいしいごはんに月岡温泉!魅力の詰まった街、新発田に行こう!「しょったれブログ」へようこそ! 縁もゆかりもなかった新潟県新発田(しばた)市。 しかし、住んでみると数多くの魅力が詰まっていること...
ABOUT ME
newcomer@shibata
縁もゆかりもなかった新発田(しばた)市の住みやすさに気づき、2020年にマイホームを建てる。 「しょったれ」は新潟弁で「だらしない」の意味。 毎日更新は難しいですが、”しょったれ”ながら頑張ります! 新発田市の魅力、グルメを中心にみなさんに役立つ情報を発信していきます。